Top / 研究内容 / 独立成分分析を用いた音源の分離

概要

 人間は多数の人々の会話を同時に,それぞれを聞き分けて理解し,認識している。この能力はパーティーのような騒がしい中で自分の名前を呼ばれても聞き分けることができるというような例から,カクテルパーティー効果と呼ばれている。もし,これを機械によって行うことができれば,混合音声の音源方向定位,音声認識といったものの前処理として,音声分離に適用できると考えられる。

本研究では,2つの混合音声の分離を,独立成分分析を用いて行う。


+
Last-modified: 2019-08-01 (木) 17:07:08 (1059d)