Top / 研究内容 / ビンピッキングのための特徴抽出法と画像認識

概要

 ケースなどに山積みにされた部品の生産ラインへの投入法において,ロボットアームを用いたビンピッキング作業が行われる場合がある。しかし,従来の方法では予め対象物体について計測を行い,形状モデルを作成する必要があるため,対象の変更が容易でないなどの問題がある。  本研究では,形状モデルを予め知識として与えるのではなく,人間のように与えられた画像より自ら対象物体の形状を認識し,ピッキング対象を選定するようなシステムの開発を目指す。


+
Last-modified: 2019-08-01 (木) 17:07:08 (1059d)